teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:37/4249 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:かまちゃん  投稿日:2018年 9月 2日(日)20時10分58秒
  通報 返信・引用
  たっちゃん、おつかれ~~~~^^

金曜日の掃除時間でした。

養護教諭の先生の悲鳴が運動場のトイレから聞こえてきました。

近くで掃除指導をしていたおいらが駆けつけます。

なんと女子トイレにマムシがいるではありませんか。

ここは、男の子の出番とマムシを捕まえることに。

そして、昔やったあれを。

そう、蛇の尻尾をつかんでぶるんぶるんと振り回す所業。

こうすると蛇はたとえマムシといえど何もできません。

掃除をしていた子どもたちは目を丸くしてみています。

かなり回した後で、蛇は気絶したもようで、草むらへ投げてやりました。

これも僻地校で蛇退治係をしていた経験が生きました。

ぼくの遺伝子の中にも侍の血が流れているのかもしれません。

女の人が悲鳴を上げていたら助けなきゃ、これは本能かもしれません。

ところで、たっちゃんが元寇を調べたくなったそうですが、そのことを聞いておいらも気になってしまいました((笑´∀`)

今の教科書では、元寇の際、鎌倉武士は、元軍の集団戦法やてつはうなどに苦しめられたが、勇

敢に戦ったことが紹介されています。

かの有名は、竹崎季長(熊本・肥後国の御家人)が画家に描かせた「蒙古襲来絵詞」は、当時の

元軍や鎌倉武士の姿をかなり正確に表しているそうです。

その絵を見れば、いかに鎌倉武士が勇敢に戦っているかよく分かります。

ぼくはいつもこれを見せて授業をしています。

子どもたちも、弘安の役で14万の元軍をどのように撃退できたのか疑問をもっているようです。

一つ言えるのは、海です。日本は島国で敵から攻められた経験がほとんどなく、危機管理意識がとても薄かったと考えられます。

なのに、元軍を撃退できたのは、海の存在がなくては語れません。

周知の通り、モンゴル帝国は、遊牧民族の中で馬を操ることにかけてはナンバーワンでした。そして、その当時陸上では、騎馬戦においては、モンゴルの力に叶う国は皆無でした。

中央アジア、東ヨーロッパとあっという間に騎馬戦で勝利を収め、漢民族も配下におきました。

朝鮮もたまらず無条件降伏。

元は、南宋を滅ぼすために、日本を従えようとしました。

しかし、日本は井の中の蛙です。モンゴル帝国の恐ろしさを知らない北条時宗らは、使者の申し出を断ります。

ならば、兵を出すと、高麗に大量の船を作らせ、4万くらいの軍勢で日本に攻めてきました。

これが1274年の文永の役です。

このとき、鎌倉武士は元軍に上陸されて太宰府まで退却したものの、たっちゃんの言うとおり勇敢に戦いました。

そのため、これ以上の戦いは無理と、元軍はとりあえず博多湾の船に帰り夜を過ごしたのです。

当時の元軍は、多国籍軍でモンゴル人と朝鮮人などが主だったみたい。モンゴル人はたしかに騎馬戦では世界最強の軍隊です。

しかし、馬から下りると、それほどたいした力はありません。たとえるなら陸に上がったカッパです。むしろ、日頃から武芸を怠らなかった鎌倉武士の方が強かったのかも。

その後、暴風雨により船のほとんどが沈んでしまった。(これには著説あり。11月の終わりに暴風雨が吹いたという説の信憑性?)

鎌倉武士は勝利に沸いたと思いますが、元にとっては、多少の犠牲はあったかもしれませんが、高麗に戦わせたので、それほどダメージはなかったと思われます。

その後、元は再び使節団をよこしますが、時宗はその使節団を殺してしまいます。まったく、相手がどんだけ大きく強い国かしらなかったからこそできた所業だと思います。

元は、中国南部に細々と生きていた南宋を滅ぼし、再び日本を攻めます。今度は、朝鮮からの4万と、中国人にも船を作らせて攻めさせます。これが約10万人。合計14万人でやってきました。これが、弘安の役です。

しかし、これも朝鮮の部隊が江南部隊を待っていて合流したとき、再び暴風雨が襲い(このときは8月下旬だったから台風が襲ったと考えてつじつまが合います)再び大打撃を受けて元は負けてしまいます。

よって、元寇では、日本が史上最強元軍になぜ勝てたか。

① 日本が大陸と海を隔てていたから
② 暴風雨が襲ったから
③ 元軍は、海での戦いや、騎馬戦以外の戦いはあまり得意でなかった。
④ 鎌倉武士が勇敢に戦った。
⑤ 元軍は多国籍軍で、朝鮮や中国の人たちが多かったから、モチベーションがあまり高くな かった。

侵略されなくて良かったと思いきや、この神風のおかげで、私たちの身近な祖先は、いや軍部が

神風が吹くから日本は欧米と戦っても絶対負けないというあり得ない神話が生まれてしまったこ

とにつながったのではないかと思います。

ちなみに、小学校の社会科では、この元寇をきっかけに、鎌倉時代の将軍と御家人の間でつながっていたご恩と奉公という主従関係が崩れ、鎌倉幕府が倒れるきっかけになったとなっています。

たっちゃんの言うとおり、歴史は、為政者の論理で作られていきます。歴史を語る人がその位置に立つかで、内容がかわるものであることは。

江戸時代に、徳川幕府に都合の良いような歴史書が生まれたことや、明治時代に、政府が極端な武断政治を行うために云々。

でも、ぼくも日本という国はすばらしい国だと思います。その国で生きていることを心から誇り

に思っています。

日本人に生まれてよかったなあ~~。ねえ、たっちゃん^^
 
 
》記事一覧表示

新着順:37/4249 《前のページ | 次のページ》
/4249