teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:41/4360 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:かまちゃん  投稿日:2018年11月 1日(木)20時53分42秒
  通報 返信・引用
  たっちゃん、おつかれ~~~~^^

宮沢賢治は、本当においらにとって憧れの人物です。

賢治は、教育者として、農業指導者として、科学者として、仏教哲学者として、音楽家として、

童話作家としてマルチに活躍した人ですよね。

実は、教師として駆け出しの頃、6年生の国語に「やまなし」という作品があって、どう授業し

て良いか分からずに苦労しておりました。

なぜって、どう考えてもストーリー展開のないこの作品をどう授業すればいいか意味不明でし

た。

そこで、賢治が活躍した花巻町に行くことにしました。

そこには、賢治を紹介した資料館があり、たくさん学ぶところがありました。

結論は、やまなしは仏教的世界観を表現した作品であるということでした。

たっちゃんには釈迦に説法だと思いますが、作品の中に現れている事物は、すべて、現象として

はあるが、実態としてはない、色即是空の世界であることに気づきました。

小学6年生にとって、色即是空は難しいかもしれませんが、この世の中で「変わらないものはな

い」と考えると夢や希望が持てるのではないかと考えることができます。

これから、自分がどのように変わるかを楽しみにできる子どもになってほしいという願いで授業

をしております。

11月終わりに学校の棚田米づくりでお世話になったPTAや地域の皆さんの前で、賢治が言った

「稲の心が分かる人間になれ」

という言葉をテーマにして、何か発表をさせようと思っています。

賢治がすべての作品に貫いている、思いやりややさしさでつながる理想の世界を意味づけて発表

します。

シナリオはこれから考えま~~~す^^

頑張るぞ~~~^^お~~っ^^







 
 
》記事一覧表示

新着順:41/4360 《前のページ | 次のページ》
/4360