teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:32/4408 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:かまちゃん  投稿日:2018年12月 2日(日)21時44分35秒
  通報 返信・引用
  たっちゃん、おつかれ~~^^

土曜日は、古楽アンサンブルの練習会に行ってきました。

実は12月15日、16日の両日に、演奏会で共演していただく指揮者と古楽奏者の方が直接指

導していただく機会です。

このお二人、その道では世界で活躍する演奏家です。その方から直接ご指導いただけるというこ

とで、今から武者震いをしているところです。

ミーントーンというルネッサンスからバロック初期の平均律ではない調をどうやって攻略するか

が鍵です。

実は、一緒にこのアンサンブルでオルガンやチェンバロを弾いていただいていた女性が最近やめ

てしまいました。

原因はミーントーンでした。

この女性は、絶対音感があり。体の中に平均律が染みついているそうです。

聴き慣れないミーントーンの中で演奏することに耐えられなくなったそうです。

とても残念ですが、いつも船酔いのような状態で演奏しても苦しませるだけなので、今回のよう

な結果になりました。

人それぞれいろんな性(さが)があります。

ぼくは、調に関して鈍感なので、逆によかったのかも。

やっぱり人間どこか鈍感なところが必要なのかもしれません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:32/4408 《前のページ | 次のページ》
/4408