teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:196/5146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:かまちゃん  投稿日:2020年 2月29日(土)09時05分6秒
  通報 返信・引用
  たっちゃん、おつかれ~~~^^

コロナウイルスの蔓延で様々な問題が露呈しております。

熊本県では、総理の要請を受けて、小中高特別支援学校では3月2日から15日まで休校とし、その後の対応については、状況を的確に判断して決めるとのこと。

職員室ではパニック状態。ベテランの私も一度も経験したことのない事由でした。とにかく、学年末ですから評価ができるようにと残っていたテストの実施や未習の内容を詰め込み、児童らに自宅での過ごし方に関する指導、給食費返金に関する文書配布などエトセトラ。

子どもたちや親さんたちはもっと大変です。自宅でそのように過ごすか親子で話し合って実行してくれればいいのですが。

学習内容も未習があり、しかも、法令で決められている授業時数は明らかに不足してしまいます。文科省を飛び越え総理自ら国民に訴えたことの重大性を1人1人が認識し(本当は中国からの渡航をなぜ早く禁止にしてくれなかったかが悔やまれますが。また、政治家として尊敬できる1人である北海道知事の二番煎じのような気もしますが・・・)外出を控えて生活するしかありません。

でも、ありがたいことに、東北の方々が、このように勇気づけてくれていることは、同じ日本人として誇りに思います。

東北の方々は言っておられます。東日本大震災で学校に行けなかった期間はあるが、それはそれほどその人生に影響はなかったと。

教育を受けられなかったことよりも人命や健康が大切であることを教えてくれました。

ところで、経済に対する影響の方が大きいように思います。綱渡りで営業していた中小企業は即座に苦境に立たされるでしょうし、学校が休みで、子どもをどこに預けたらいいか途方に暮れる方々もいると思います。

三世代世帯はいいとして、共働きの家庭では言わば中小企業の綱渡り経営のようなものです。私の子どもがもし小さかったら困ったことと思います。

昔は、地域のおばちゃんたちが、預かる先がない乳飲み子を抱えた母親に

「私が預かるから、仕事に行きなさい」

といった地域コミュニティーがありました。今は地方においても崩壊しております。プライベートも大切ですが、地域の行事に参加してつながりを作っておくこともこれから必要になってくるのではないかと思います。

1人1人がバラバラだから、デマやフェイクニュースにだまされしてまうんです。熊本のトイレットペーパーの件は本当に恥ずかしい。校区内でもSNSを通じて〇〇学校の〇〇がコロナに感染というデマが飛び交いました。不確実な情報を鵜呑みにしたり、拡散したりしないように言い続けたのですが、結果はこれでした。

何はともあれ、ここ1,2週間が勝負のようです。たっちゃん、お互いに気を付けようね^^;
 
 
》記事一覧表示

新着順:196/5146 《前のページ | 次のページ》
/5146