teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:13/5045 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:たっちゃん  投稿日:2020年 5月16日(土)07時01分56秒
  通報 返信・引用 編集済
  かまちゃん、おはようございます。

コロナも今月で終りでしょう。

が、しかし、わが社におきましては1人1台の携帯パソコンが支給されました。

コロナの前と後では、我々サラリーマンの仕事内容は変わるでしょうね。

以前から在宅勤務を進めたかった経営者側としては、これで事務所の固定経費等々の支払いを抑える事が出来ます。

かまちゃんの業界では、いつまでもの在宅勤務は無理が有りますが、うちの業界では本格化しそうです...。

ところで某国の台頭が著しいですね。

元々、某国は○華思想の元、世界の文明の中心に居る(若しくは嘗て居た)と本気でそう信じ込んでおります。

なので、今は負けていても超大国に必ず返り咲くと考えています。

だからあの傍若無人さなのです。

ドラえもんに於けるジャイアンですね。

ちなみにその傍らに居るスネ夫は亡国です。

永年、地政学的にも某国に支配され続けて来て、某国の下請け扱いなのですが、当人らは都合良く中○圏内のグループ企業、所謂、小○華だと考えています。

なので欧米に無茶苦茶やられそうだったのを回避する為、嘗て日本に併合を頼んだ事実を無かったことにして、相変わらず蝙蝠しているのです。

1951年のサンフランシスコ講和条約にも、1946年の終戦直後から、先勝国としての恩恵に預かるべく、抗日戦争に勝利したと連合国側に入るべく後出しじゃんけんの裏工作を繰り返しましたが、特にイギリスから、それは無理筋じゃん!

と指摘されて日本への先勝国と成れなかった、その腹いせにとサンフランシスコ講和条約が締結された翌年、李○晩が国民の不満を剃らす為も有って勝手に竹島貰っ~た!

とあの海域に線を引いただけです。

これが所謂、李承○ラインです。

裏話ですが、朝○戦争が何故発生したかですが、進言を繰り返すも連合国側に先勝国と認められ無かった○承晩が、その腹いせに講和条約が正式に締結される前のどさくさ紛れに対馬と北九州を実力で実効支配しようと釜山の港に全兵力を集中させ、さあ、此れから乗船し元寇のように日本へいざ出撃!

しようとした正にその間隙をついて、ノーガードと成った国境地帯と首都を北に南下進行されたとの説が有ります。

北からすれば正統の王朝は此方ですから、それを取り戻す為にです。

何れにしろ、日本の隣国と云うか近所でまともな国家は、台湾だけです。

東京裁判でも、唯一反対票を入れてくれたインドや、付き合う国を選んで連合を組んだ方が良いです。

キ印の国は気持ち悪いだけです。

無視程度では、そんなのお構い無しにどんどんつけ上がって来ます。

まるで蛭です。

先回りして、ビシバシッと叩かないと!

と考えます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/5045 《前のページ | 次のページ》
/5045