teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:23/5146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:かまちゃん  投稿日:2020年 9月14日(月)21時46分26秒
  通報 返信・引用
  たっちゃん、おつかれ~~~^^

自民党の総裁選がありまして、菅新総裁が誕生しましたね。

まあとにかく、あとの二人にならなくてよかったと安堵しました。

あとの二人は、C国や傾国とずぶずぶではないかと。

さらに、石〇さんは、北朝鮮ハニトラ疑惑もあるというではないですか。

菅さんは、高卒で上京し、働きながら大学を卒業し、政界に打って出た苦労人です。

経歴をみるだけでも地方在住者としては、応援したくなります。

その昔、日本列島改造論で一世を風靡した田中角栄総理を思い起こします。

田中角栄は、小学校卒の学歴で総理大臣まで昇った苦労人。

うちの死んだ親父が、焼酎飲みながらいつも言っておりました。

「日本列島改造論はたいしたもんばい」

確かに、日本列島改造論のおかげで、福岡市は新幹線がやってきて、道路が急激に整備され、企業がたくさんやってきました。

人口も増え、うだつの上がらないしがない大工のうちの親父にも仕事が舞い込むようになったのです。

おかげで、ボクも行けるはずのないあきらめていた大学進学を許してもらえるようになりました。

田中角栄は、教員の給料も上げてくれました。

私も田中角栄のおかげで人生が開けたようなものです。

そんな田中角栄さんも、日中国交正常化で台湾と断交という選択肢をとりました。

その当時は、今の中国のような無茶な国になるとは思えなかったのですが。

今となっては失政かもしれません。

菅さんの手腕が試されるのは、中国との関係です。アメリカと一緒に中国共産主義と一線を画し、自由主義・民主主義国家の砦になるのか。注目しています。

 
 
》記事一覧表示

新着順:23/5146 《前のページ | 次のページ》
/5146