teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:21/5146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:かまちゃん  投稿日:2020年 9月23日(水)23時12分44秒
  通報 返信・引用
  たっちゃん、おつかれ~~~^^

ホンガツオとキハダマグロのエキサイティングな釣りはいかがでしたでしょうか。

ボクは、全国的にコロナも収まったということで、久しぶりに鹿児島県佐多岬の磯シブダイ釣りに行ってきました。

台風通過後、佐多にシブダイの群れが入ったという噂が広まり、居ても立っても居られずM中さんと行くことに。

風裏の西磯「めがね瀬」に渡礁。

今回は、どの餌があたるか分からないので、

サバ、コノシロ、サンマ、コウイカ、生だこ、オキアミボイルなどを準備しました。

夕方に、ウキ釣りでグルクンを釣りましたが、あとは沈黙。

夜釣りに入り、8時前に小型のシブダイを釣ってからは、アタリが遠のき大苦戦。

アタリがでる場所が極端に少なかったです。

潮も右に行ったり左に行ったりと下げの片潮でした。

そこで、一番アタリの多かった、リールカウンターで16.5mの地点を攻めることにしました。

午後11時頃から、16.5m地点でしばらくアタリが続きました。

餌だけが盗られる状態。

何かを変えれば喰ってくるはず。

そして、サバ、コノシロをハリに着け、イカで針先を止めたブレンド餌で勝負。

すると、コンコンと前アタリの後、1回竿先を引っ張ったかと思うと、

竿が一気にお辞儀をしました。

これだからぶっ込みはやめられません。

強烈な初動の引きでしたが、徐々にパワーがなくなり、浮かせると、良型のシブダイではありませんか。

43cmの許せるサイズのシブダイが釣れました。

その後、日付が変わると、魚からの反応は全く途絶えてしまい、釣りを終えました。

港へ帰ると、ほとんど釣れておりませんでした。

シブダイを釣ったのは数えるほどしかいません。

2枚釣った私が船の竿頭かも(笑´∀`)

厳しい釣りでしたが、心から癒やされました。

やっぱり釣りは面白いです。

これ以上の道楽はありませんね。

今週末の太刀魚釣りも胸が張り裂けそうにたのしみであります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:21/5146 《前のページ | 次のページ》
/5146