teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/332 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

突っ先へ!  後編

 投稿者:KASHIWA  投稿日:2017年 7月 5日(水)19時39分3秒
  通報
  「閉所恐怖症」、は聞きますが、
だだっ広く平たい所にポツンと置かれるのも
相当怖いんですね。

生まれて初めての経験。
周りの景色に押しつぶされそうな感じになるんだな.....

いよいよ土手幅は10mほど。
雑草が少なくなって、さらに視界がパーっと。

左右の川の幅は東京湾口に向かって
ズ~ンっと広がっています。

心細くなっているところを、
上を電車が轟音で抜ける東西線のガード下を抜け
  (防音設備など皆無の鉄橋~すごい音!)、

さらに、右側の川には巨大な高圧線鉄塔が
水面から「ゴジラ」のごとくそびえ立つ (本当にデカい!ビビる)。

  「超高圧電流・接近厳禁」の看板アリ。

ビクビクしながら上を見ないようにソーっと通過、
さらに元気が無くなってきました。

遥か(自宅のある)左岸の堤防上には
のんびりと散歩する人々が見え、

 「あ~、なんでこんな所に来ちゃったかな......」

帰りたくなってきた。

あと1kmほど。

ここから先の道は、土手というより 「石堤」 になります。
歩けるスペースは2人がギリギリすれ違えるくらい。

遥かに 「突っ先」 に立つ表示灯が霞んで見える......  あそこがゴールだ!

が、

なんだか、......潮が上がって来てないか?

石堤左右のノリ面は水没しかかっており、
波がザブザブ。
当初聞いていた「昼くらいに出れば大丈夫」、な情報は
かなりテキトーな話だったもよう。

「俺、.....ここで待ってるわ」

         一人脱落。

「決死隊」は残り3人。
ここまで来て引くわけにはいかない。

ヘタすると、途中で溺れるのか?

ほぼ半泣きの状態で、先へ。

                 続く


 
 
》記事一覧表示

新着順:5/332 《前のページ | 次のページ》
/332