teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


映画と話そう@TAMA『カンパイ!世界が恋する日本酒』

 投稿者:たえのは事務局  投稿日:2018年 7月 9日(月)16時32分11秒
返信・引用
  16回目の「映画と話そう@TAMA」は、
ドキュメンタリー『カンパイ!世界が恋する日本酒』を上映。
映画にも出演している「南部美人」五代目蔵元の久慈 浩介氏をゲストに迎え、
そして日本酒付料理を楽しめる一夜!懇親会を行います。

『カンパイ! 世界が恋する日本酒』(2015/95分)
監督:小西未来
出演:フィリップ・ハーパー、ジョン・ゴントナー、久慈浩介

イギリス、アメリカ、日本、海を越えた3人のアウトサイダーたちを描く感動ドキュメンタリー!
日本だけでなく、ここ数年世界中で寿司と共に人気を博している日本酒。そのミニマムでシンプルな外観の美しさの奥には、多様さ、複雑さ、そして芳醇な文化的背景が隠されている。そこには大いなる魅力と曖昧さに溢れた深淵な世界が広がっている。本作では、外国人として史上初めて杜氏(とうじ)となり、新商品を次々を世に送り出しているイギリス人のフィリップ・ハーパー、日本酒伝道師として、日本酒ワークショップや本の執筆などをとおして奥深い日本酒の魅力を世界へと発信を続けるアメリカ人ジャーナリストのジョン・ゴントナー、そして、自ら世界中を飛び回り日本酒の魅力を伝えている、震災に揺れる岩手の老舗酒蔵を継ぐ南部美人・五代目蔵元の久慈浩介。まったく異なる背景を持つ3人のアウトサイダーたちの挑戦と葛藤を通し、日本だけにとどまらず、世界で多くの人々を魅了する日本酒の魅力的な世界を紐解いてゆくー。

●開催日:7月21日(土)
●開催場所:シネマカフェバー・モンキーランド
多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
詳細地図 http://www.taenoha.com/monkmap.html
●スケジュール 開場15分前
17:00- 『カンパイ! 世界が恋する日本酒』(95分)
18:40-  「南部美人」五代目蔵元・久慈浩介氏 懇親会 (予定)
●入場料¥3,800 (定員20名)
      映画、料理、1ドリンク【南部美人】

上映会の詳細、ご予約はコチラ http://www.taenoha.com/
または 050-5891-1977(たえのは事務局)

http://www.taenoha.com/monky/kanpai.html

 
 

【3/5】岡村淳監督 初春上映会&トークライブ 「大アマゾンに渡った人々 ~先住民から日本人まで」

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2018年 2月22日(木)13時10分33秒
返信・引用
  【ブラジル日本人移民110周年】
【3/5】岡村淳監督 初春上映会&トークライブ
「大アマゾンに渡った人々
   ~先住民から日本人まで」


移民船・笠戸丸がブラジルに到着してから110年目の
節目の初春、ブラジル在住の記録映像作家 岡村淳さんを
PARCへお呼びして上映会&トークライブを開催いたします。

大アマゾンの取材が契機で自らブラジル移民となった記録映像作家とともに
岡村作品を鑑賞し、古代遺跡を巡る冒険譚から アマゾンに入植した日本人の開拓家族まで大アマゾンへ渡った人々の物語を追う一晩です。
人が移動すること、移動しないこと、アマゾンで生きていくとは、熱く語り合いましょう!

※PARCでは9月に岡村監督を案内人に短期集中講座「記録映像作家と見る・歩く・出会う 移民を巡る旅 」 を開催いたします。
こちらもぜひご参加ください!
webサイト:comingsoon!!! ************************************************************

■日 時:2018年3月5日(月)19:00~21:00(開場18:30)

■参加費:カンパ制

■会 場:PARC自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
アクセス情報などはコチラ
http://parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

■お申し込み

コチラの申し込みフォーム http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html
からお申込みいただくかPARC事務局までメール・電話などでお申込みください。

■岡村淳さんプロフィール:

東京都目黒区出身。ブラジル・サンパウロ在住。 早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。考古学・民俗学・人類学などから、現代日本文化に潜む縄文文化の痕跡を研究。日本映像記録センター(映像記録)入社。
牛山純一代表プロデュ―サーにテレビ・ドキュメンタリーの作法を叩き込まれる。
1987年よりブラジルに移住し、1997年より自主制作によるドキュメンタリーづくりを始める。
ブラジルの日本人移民、そして社会・環境問題をテーマとした作品の制作を継続中。
作品のDVD化やレンタルをせずに、上映には制作責任者である岡村の立会いを原則とする「ライブ上映会」を行なっている。
「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、
日本とブラジルをはじめ、世界各地でライブ上映会を実施している。

主著:『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』港の人 2013
WEBサイト:岡村淳のオフレコ日記http://www.100nen.com.br/ja/okajun/
ツイッター名は、junbrasil

********************************************
◆主催・問合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL:03-5209-3455
E-mail:office@parc-jp.org
********************************************

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/180305.html

 

『終の住処を奪われて 福島原発東京訴訟』 国分寺上映会

 投稿者:国分寺ギー 三輪  投稿日:2018年 1月25日(木)23時11分39秒
返信・引用
  福島原発事故から間もなく7年となります。全国約30ヶ所で、国と東京電力の過失責任を問い、損害賠償を求める裁判が行われている中、昨年3月前橋、9月千葉、10月福島と原告勝訴の判決に引き続き、今年3月の京都、東京、いわきでの裁判でもぜひこの流れで勝訴を!と願わずにはいられません。
福島原発被害東京訴訟は3月16日に判決を迎えますが、それを前にした3.11上映会です。
上映会を通して、より多くの人たちと関心を高めていきたいと思います。

.......................................

ドキュメンタリー『終の住処を奪われて 福島原発東京訴訟』上映会
 ※作品内容については「VIDEO ACT!」記事にあるので省略します。

日時 2018.3.11(日)14:00(30分前開場、17:00終了予定)
料金 1000円+ドリンクオーダー
会場 東京都国分寺市本町2-3-9 三幸ビルB1 「国分寺ギー(giee)」 http://giee.jp/
      042-326-0770
上映会内容:
【1】アコペリ・ミニライブ<おちょこ(vo,g) ゆきを(g) 清水(per)(EX 国分寺エクスペリエンス)>
【2】上映
【3】みんなでワイワイおしゃべりタイム<ゲスト:片山かおる(小金井市議/福島原発告訴団/原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議連/福島原発震災情報センター/避難の協同センター 他)



http://giee.jp/

 

2018 EARTH VISION多摩 映画会

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2018年 1月15日(月)22時19分54秒
返信・引用
  アースビジョン多摩は、映像を通して地球環境について考える映画会です。
14回目の2018年は、-自然との共生-をテーマとした作品『残されし大地』
『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』『原発の町を追われて3・双葉町・ある牛飼いの記録』『Phantom オブ Paradise』を上映します。
「原発の町を追われて」上映後は、堀切さとみ監督+鵜沼久江さんトークも。
■開催: 2018年2月24日(土曜日)13:00~19:00
■会場: パルテノン多摩小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車)
■ 前売券 一般 ¥1,000
   当日券 一般 ¥1,500
   小・中学生 ¥100(前売・当日共通)
 全席自由、入れ替えなし、全日1枚のチケットで出入り自由。
■上映作品:
『残されし大地』
…初監督作品にして遺作となった、生命の映像詩。FUKUSHIMAの“人と土地のつながり”
『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』
…沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。
『Phantom オブ Paradise』
…都心ではすっかり見られなくなってしまった生き物たち。
『原発の町を追われて3・双葉町・ある牛飼いの記録』
…ふるさとを追われて6年。原発と共に暮らしてきた双葉町の人たちは、今なにを 思うのか。
■ 「原発の町を追われて」上映後、堀切さとみ監督+鵜沼久江さんトーク
■上映作品の詳細、前売券予約申込は
  ホームページ:http://taenoha.com/ev

主催:     EARTH VISION多摩実行委員会
共催:     たえのは
後援:     多摩市教育委員会
提携:     公益財団法人 多摩市文化振興財団(パルテノン多摩)

http://taenoha.com/ev

 

映画と話そう@TAMA「破片のきらめき」

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2017年11月 1日(水)16時49分41秒
返信・引用
  15回目の「映画と話そう@TAMA」は、
ドキュメンタリー『破片のきらめき~心の杖として鏡として~』(2008)
に登場する画家の故石原峯明さんに焦点を当てた特別編(2017)を上映。
また高橋愼二監督を迎え、懇親会を行います。

『破片のきらめき~心の杖として鏡として~特別編』(2017/95分)
フランス・ヴズール国際アジア映画祭・観客賞/ドキュメンタリー最優秀作品賞受賞

心の病を抱える人々の創作活動を見つめたドキュメンタリー。八王子にある平川病院精神科の中にある造形教室には、様々な心の病を患う人々がやってきては創作に励んでいる。絵画、詩の朗読、ギターなど彼らの表現する作品群、10年以上の交流を経てその魅力に迫る。

画家の故石原峯明さんは、統合失調症により30代から入退院を繰り返した。造形教室で絵を描くことが生きる希望となり、2011年8月に75歳で亡くなるまで多くの作品を残した。映画は石原さんが絵を描き続ける姿に迫り、生きることの意味を問い掛ける。

 ドキュメンタリー映画「柳川掘割物語」(高畑勲監督、宮崎駿製作、1987年)で撮影を担当した高橋慎二監督作品。吉行和子がナレーションを務める。

●開催日:12月2日(土)
●開催場所:ダイニングバー・モンキーランド
多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
詳細地図 http://www.taenoha.com/monkmap.html
●スケジュール 開場15分前
15:00- 『破片のきらめき~心の杖として鏡として~特別編』(95分)
17:00-  高橋愼二監督 懇親会 (1時間予定)
●入場料¥1,000(定員20名)
懇親会¥2,000(1ドリンク軽食付き)

上映会の詳細、ご予約はコチラ http://www.taenoha.com/
または 050-5891-1977(たえのは事務局)

http://taenoha.com

 

【9/28ワンコイン・シネマ・トーク】『それでもコンビニで買い物しますか?』

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2017年 9月14日(木)14時00分42秒
返信・引用
   グローバル化の時代といわれて久しい中、私たちは世界の人たちの暮らしや生業、その地で起こっているさまざまな問題について、まだまだ多くを知らずに過ごしています。  この講座では、PARCが制作した映像作品を見た後、制作に深く関わった方のお話を聞き、参加者とともにディスカッションを行ないます。お互いの感想や意見を出し合い、のびのびと語り合いましょう。

************************************************************

■日 時:2017年9月28日(木)19:00~21:30 (開場18:30) ※要予約

■会 場:PARC自由学校教室
東京都千代田区神田淡路町1-7-11

■参加費
500円

■上映作品
『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』
(2017年・39分/監督:土屋トカチ)


私たちの生活に欠かせない存在となったコンビニエンス・ストア(コンビニ)。お弁当やお菓子、生鮮食品、日用雑貨を買うだけでなく、公共料金の支払い、宅急便の受け取りなどサービスも多様化し、日本全国で約5万5000店が、年中無休365日24時間営業を行なっています。
 しかし、コンビニには何の問題もないのでしょうか?
 ほぼすべてのコンビニは「フランチャイズ・チェーン方式」の個人営業店ですが、オーナーからは長時間労働と執拗なノルマを本部から強いられているという声があがっています。アルバイト学生たちからも「自腹で商品を買わされるブラックバイト」と敬遠されるようになりました。さらに、消費期限が切れる直前の商品が「見切り品」として安く売られることはなく、まだ食べられる食品の多くが廃棄されています。便利さと快適さの裏側で、私たちが失ってしまっているものとは?
 コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。


■解 説
●土屋トカチ(映画監督)

■お申し込み
メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
またはこちらのページからもお申し込みいただけます。
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/170928.html

********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office@parc-jp.org
********************************************

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/170928.html

 

【8/22】PARC新作上映会『コンビニの秘密』

 投稿者:アジア太平洋資料センターPARC自由学校  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時14分43秒
返信・引用
  PARC最新作『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』の完成記念上映会を行います。

 日本全国で約5万5000店が営業するコンビニエンス・ストア。365日24時間営業の店舗が提供するサービスは、いまや私たちの日々の暮らしを支える「社会のインフラ」ともいわれています。
 しかし、その一方で、加盟店に負担を強いるフランチャイズ契約、オーナー・アルバイトの長時間労働、見切り販売ができにくいため起こる大量の食品廃棄といった問題も指摘されています。
 便利さ・快適さの裏で、私たちが失ってしまっているものとは?
 コンビニを通して、私たちの社会のしくみ、生産と消費、労働のあり方を考えます。

 作品上映後には、監督の土屋トカチさんによるトークと、監修者の古川琢也さん他、取材協力者の方々を招いてのミニシンポジウムを行います。取材を通して聞こえてきた現場の声、加盟店オーナーの目から見たフランチャイズ契約と労働環境、食の専門家が考える本当に豊かな暮らしなど、コンビニのある生活の裏側をさまざまな視点から見つめなおす貴重な機会です。ぜひご参加ください。

************************************************************


【日時】:2017年8月22日(火)19:00~20:45

      ※開場:18:30


【場所】:連合会館203会議室

      東京都千代田区神田駿河台3-2-11
     (※)地図:http://rengokaikan.jp/access/


【入場料】500円


   プログラム

  ・『コンビニの秘密 便利で快適な暮らしの裏で』上映(39分)
  ・土屋トカチ監督トーク
  ・出演者・監修者によるミニシンポジウム
   古川琢也(監修/ルポライター)
   三井義文(コンビニ加盟店ユニオン副委員長)
   近藤惠津子(NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン理事長)
   司会 内田聖子(PARC共同代表理事)
   ※この他、出演者・関係者からのフロア発言あり

お申し込みはこちらからどうぞ。
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

************************************************************

作品紹介

 『コンビニの秘密―便利で快適な暮らしの裏で』

 どこにでもあって便利なお店、コンビニエンス・ストア。通称コンビニ。
 食料品・日用雑貨の販売、ATM、公共料金の支払いなどあらゆるサービスを、24時間365日無休で提供してくれる、現代社会のインフラです。
 日本国内の店舗数は5万5000店以上。総売上高は、約10兆5700億円を超えました。
 そんな日本が誇る成長産業ともいえるコンビニですが、ほぼすべてのお店は「フランチャイズ・チェーン方式」の個人営業店です。
 人件費や人手確保は加盟店オーナーの負担で、多くの加盟店オーナーが窮状を訴えています。
 サービス残業や自腹購入を強いられたアルバイトたちからもその労働環境を疑問視する声が寄せられています。
 毎日大量に廃棄される食品など、自然環境・資源への負荷も懸念される問題です。
 消費期限が迫ったお弁当やおにぎりは、どうして見切り販売されないのか?
 人手不足なのに時給が上がらないのはなぜなのか?
 お店は本当に儲かっているのか?
 コンビニの秘密を一緒にのぞいて、考えてみましょう。

DVD/16:9/2017年/日本語/カラー/39分
本体5,000円+税(図書館価格:本体15,000円+税)

********************************************
◆主催・問合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
TEL.03-5209-3455
E-mail :office@parc-jp.org
********************************************

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/170822.html

 

映画と話そう@TAMA「昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-」

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2017年 5月24日(水)17時31分36秒
返信・引用
  14回目の「映画と話そう@TAMA」は、
昭和と共に生きてきた栗林白岳氏を追った長編ドキュメンタリー「昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-」はじめ安原伸監督3作品を上映。また「えび天」「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」「シネマ秘宝館」など伝説の監督をお迎えして懇親会を行います。

『明治天皇宇宙の旅』(1988年)
神戸大学特殊撮影研究同好会自主製作映画。
第3回国民文化祭映像部門大賞受賞。
狭い地球には飽き足らなくなった明治天皇は忠臣である乃木希典に命じ宇宙船を製作、宇宙の旅に出発した。8mm特撮SFスペースオペラの金字塔?!

『昭和の残照』(2017年)
「明治天皇宇宙の旅」は、かって特撮ファンのメッカだった伊丹映画祭でグリーンリボン大賞を受賞した。映画のメーキングと当時の受賞風景、「ゴジラ」本多猪四郎監督ほか懐かしく貴重な映像。

『昭和九十年-栗林白岳かく戦えり-』(2016)
栗林氏は栃木県那須町に、15,000点に及ぶ戦争関連の展示「戦争博物館」と称する施設を設立し館長を務めています。また毎年東京で軍歌・軍楽・軍装の一大イベントを催しています。これは旧帝國陸海軍の軍楽隊コンサートとして始められたイベントで、形を変えながら2016年現在まで続いています。
一般的には「終戦記念日に靖国神社に乃木大将の軍装で現れる人」として有名です。さて氏の生き様から「日本」は見えてくるのでしょうか?「昭和」は見えてくるのでしょうか?

●開催日;:6月24日(土)
●会場::シネマカフェバー・モンキーランド
多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
詳細地図 http://taenoha.com/monkmap.html
●スケジュール 開場15分前
15:00- 「明治天皇宇宙の旅」(16分)
15:20- 「昭和の残照」(6分)
15:30- 「昭和九十年 - 栗林白岳かく戦えり -」(82分)
17:00-  懇親会(約1時間)
●入場料¥1,000(定員20名)
■主催:たえのは
  映画会の詳細、ご予約はコチラ http://taenoha.com/
または 050-5891-1977(たえのは事務局)

http://taenoha.com

 

2017 EARTH VISION多摩 映画会 ~自然との共生~

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2017年 1月22日(日)19時02分58秒
返信・引用
  アースビジョン多摩は、環境をテーマとした映画会です。
13回目の2017年は、-自然との共生-をテーマとした作品『ふたりの桃源郷』『水と風と生きものと~中村桂子・生命誌を紡ぐ』『生命の誕生~絶滅危惧種日本メダカの発生』 を上映します。
自然の中にある「いのちの音」に耳を傾けよう!中村桂子氏トークもお楽しみに。
■開催: 2017年2月25日(土曜日)13:00~20:00
■会場: パルテノン多摩小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車)
●入場無料、全席自由、出入り自由。
●申込・予約は不要、 直接会場にお越しください。
■上映作品:
『ふたりの桃源郷』
…「山」で暮らす夫婦と、支える家族、25年間の貴重なドキュメント。
『水と風と生きものと~中村桂子・生命誌を紡ぐ』
…「生きていること」を大切にする社会を求めてさまざまな人々と語り合います。
『生命の誕生」~絶滅危惧種日本メダカの発生~』
…日本メダカの受精から胚の形成、そして孵化するまでの生命が形作られる記録。
■ 中村桂子氏トーク:JT 生命誌研究館館長。生命誌の提唱者。

http://taenoha.com/ev

 

映画と話そう@TAMA『第九条』

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2016年10月 7日(金)18時24分17秒
返信・引用
  13回目となる「映画と話そう@TAMA」は、日本国憲法第九条をテーマに、九条は維持すべきか破棄すべきかを12人の若者が議論するさまを描いた『第九条』を上映。また監督・脚本の宮本正樹氏を迎え、懇親会を行います。

映画『第九条』は、近未来を舞台に、日本国憲法第九条改正を議論する若者の姿を通して、その意義を問う密室ドラマ。20XX年。憲法改正を検討する政府は、第九条の維持か破棄かを議論する諮問委員会を世代別に設置。賛否半々の結論が出る中、最後に20代の諮問委員会が始まる。

どのような成り立ちでこの条文が出来たのか?大東亜戦争、日本国憲法成立の歴史、朝鮮戦争、米ソ冷戦、沖縄の米軍基地問題、拉致、核など、多角的に九条の存在に切り込む。ハリウッド不朽の名作『12人の怒れる男』のごとく12人の若者が白熱の議論を繰り広げる様子をじっくりと描いています。

●開催日:10月29日(土)
●開催場所:ダイニングバー・モンキーランド
 多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
 詳細地図 http://www.taenoha.com/monkmap.html
●1回目16:00~ 2回目18:00~
 開場15分前。1回目上映終了後、トーク無しで入れ替え
○宮本正樹監督との懇親会 19:30~(約1時間)
●入場料¥1,500(各回15名)
 懇親会¥1,500(1ドリンク軽食付き)
■主催:たえのは
  映画会の詳細、ご予約はコチラ http://www.taenoha.com/
 または 050-5891-1977(たえのは事務局)

http://www.taenoha.com/

 

レンタル掲示板
/29