teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


どうか、、

 投稿者:凡人  投稿日:2019年 5月 5日(日)00時44分30秒
返信・引用
  http://mb2.jp/_grn/1909.html
を御覧ください。

http://mb2.jp/_grn/1909.html

 
 

3号機プール内が瓦礫に埋まってる画像公開で一部だけと嘘解説。 他に瓦礫箇所あっても燃料の取っ手は見えてるとミスリードも

 投稿者:福島原発ウォッチャーファン1  投稿日:2019年 4月 6日(土)22時48分24秒
返信・引用
  ■3号機プール内が瓦礫に埋まってる画像を公開するも「一部だけ」と嘘解説。
「仮に他に瓦礫箇所あっても燃料の取っ手は見えてる」の嘘も。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34887648

瓦礫に埋まってるのが、一部という解説は嘘です!
本当は566体分全部です!
もし瓦礫の無い箇所が有ったら、
問題無い箇所も見せたくてそこも映す筈だろう!

他にも嘘がある。
燃料の取っ手が見えてる箇所だけ映して、
「仮に、映していない箇所に瓦礫箇所が有っても、
燃料の取っ手は見えている(飛散無しが確認できてる)」
と思わせていますが、それも嘘です!
見せない態度から、
見られるとまずい状態、取っ手さえ見えない状態、
瓦礫に完全に覆われて、
燃料がそこに留まってるのか飛散して無くなったのかわからない状態
と考えるのが自然(大半の550体分が)。

次の動画 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm23589204

ニュース全体 → https://www.youtube.com/watch?v=Qlyl79tourU&start=34
ニュース全体のソース → https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000149456.html

参考 → http://fukushimadisasternote.1apps.com/

http://fukushimadisasternote.1apps.com/

 

(G.W.2019)インド映画を観よう!イベント上映『チェンナイ・エクスプレス』コスプレ大歓迎☆

 投稿者:ボリウッドクラブ  投稿日:2019年 3月31日(日)15時41分23秒
返信・引用
  インド服でのコスプレ来場大歓迎!!
スタッフも、インド服で皆様をお迎え致します☆

上映前にミニダンスショーあり、上映シーンの事前ダンスレクチャーあり、交流会ありの、踊って楽しめる上映会です。

イベント好きな方や、映画ファンの間では、予約開始から即売り切れが出ることもある程、大人気のイベント!!
子供連れOK♪お一人でも大歓迎です♪


 【詳細】※4月1日から予約受付開始!

 観て、踊って、弾けて! Enjoy ボリウッド!!
 『チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~』

  〇日時…2019年5月6日(月祝)13:00~(12:30~受付)
  〇場所…神戸ポートオアシス 2階 多目的ホール(神戸市中央区新港町5-2)
   [アクセス]→JR「三ノ宮」、阪急・阪神「神戸三宮」から徒歩15分

  〇料金(当日清算)…大人1,800円、大学生1,500円、小/中/高校生1,000円 幼児無料
  〇内容…①更衣室完備!インド服を着て楽しもう♪ ②ミニボリウッドダンスショー
      ③事前ダンスレクチャータイムあり
      ④ダンススペースあり!観ながら踊って楽しもう!
      ⑤アフター交流会(自由参加+500円)

  〇お問合わせ…関西ボリウッドダンスクラブ(078-391-5533)
  〇お申込み…必ずイベントホームページのメールフォームからお申込み下さい♪
        http://cinemaofindia.jimdofree.com/

  〇主催:関西ボリウッドダンスクラブ
     〒650-0041
     神戸市中央区新港町5-2 3階
     Tel  078-391-5533(有限会社ワン・ワールド・ジャパン内)
     Mail  cinemaofindia.b@gmail.com
     HP  http://bollywoodranbu.jimdo.com/

https://cinemaofindia.jimdofree.com/

 

【4/9】<第1回>誰が世界に貧困・格差を作りだしているのか!?

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2019年 3月27日(水)14時44分11秒
返信・引用
  G20サミット・大阪に向けて~
グローバルな市民社会からの提起

G20 サミット(金融・世界経済に関する首脳会合)が2019年6月28日、29 日に大阪で開催されます。
先進国と大きな新興国で構成され、リーマン・ショックを契機に閣僚会議から首脳会議に『格上げ』されたG20。あくまで議論の場という位置づけですが、参加していない途上国や新興国、そしてそれらの国々を含む人びとの声はなかなか届きません。暮らしに関わる重要な課題が、一部の国々のトップだけで議論される状況に、市民社会はどのように向き合えばいいのでしょうか。
またグローバルな課題を解決するためには、誰がどのようにルールや政策を決めるべきなのでしょうか。この連続講座では、国際市民社会や各国の運動の視点から、G20 の意味を改めて問い直し、世界と私たちのつながりを考えます。

<第1回>誰が世界に貧困・格差を作りだしているのか!?

途上国だけでなく、先進国においても貧困や格差は広がっています。経済のグローバリゼーションがもたらした結果と言われますが、実際には誰がどのように政策やルールを決めてきたのでしょうか? 途上国や各国の市民、貧困層の視点から、G20 という場を根本的に問い直すと同時に、日本の政策そして社会運動のあり方を考えます。

■日 時:2019年4月9日(火)19:00~21:00

■会 場:PARC自由学校 2F 教室

■参加費:500 円(C20 市民社会プラットフォーム参加団体・学生は無料)

■スピーカー
◆松本 哉(素人の乱5 号店 代表)
◆稲場雅紀(C20 市民社会プラットフォーム共同事務局 ディレクター)

こちらのページからお申し込みいただけます。
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/19G20.html

************************************************************

NPO法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453  e-mail:office@parc-jp.org

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/19G20.html

 

2019 EARTH VISION多摩 映画会

 投稿者:EARTH VISION多摩  投稿日:2019年 1月 8日(火)16時40分55秒
返信・引用
  アースビジョン多摩は、映像を通して地球環境について考える映画会です。
15回目の2019年は、2月16日(土)パルテノン多摩で開催します。
~自然との共生~をテーマに
『あまねき旋律(しらべ)』
『ほたるの川のまもりびと』
『海-消えたプラスチックの謎』を上映、
上映後には市民トーク「大栗川とプラスチックごみの行方」もプログラム。

■開催: 2019年2月16日(土曜日)13:00~18:30
■会場: パルテノン多摩小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車)
■前売券 一般 ¥1,000
 当日券 一般 ¥1,500
 小・中学生 ¥100(前売・当日共通)
 全席自由、入れ替えなし、全日1枚のチケットで出入り自由。

http://taenoha.com/ev

 

映画と話そう@TAMA『カンパイ!世界が恋する日本酒』

 投稿者:たえのは事務局  投稿日:2018年 7月 9日(月)16時32分11秒
返信・引用
  16回目の「映画と話そう@TAMA」は、
ドキュメンタリー『カンパイ!世界が恋する日本酒』を上映。
映画にも出演している「南部美人」五代目蔵元の久慈 浩介氏をゲストに迎え、
そして日本酒付料理を楽しめる一夜!懇親会を行います。

『カンパイ! 世界が恋する日本酒』(2015/95分)
監督:小西未来
出演:フィリップ・ハーパー、ジョン・ゴントナー、久慈浩介

イギリス、アメリカ、日本、海を越えた3人のアウトサイダーたちを描く感動ドキュメンタリー!
日本だけでなく、ここ数年世界中で寿司と共に人気を博している日本酒。そのミニマムでシンプルな外観の美しさの奥には、多様さ、複雑さ、そして芳醇な文化的背景が隠されている。そこには大いなる魅力と曖昧さに溢れた深淵な世界が広がっている。本作では、外国人として史上初めて杜氏(とうじ)となり、新商品を次々を世に送り出しているイギリス人のフィリップ・ハーパー、日本酒伝道師として、日本酒ワークショップや本の執筆などをとおして奥深い日本酒の魅力を世界へと発信を続けるアメリカ人ジャーナリストのジョン・ゴントナー、そして、自ら世界中を飛び回り日本酒の魅力を伝えている、震災に揺れる岩手の老舗酒蔵を継ぐ南部美人・五代目蔵元の久慈浩介。まったく異なる背景を持つ3人のアウトサイダーたちの挑戦と葛藤を通し、日本だけにとどまらず、世界で多くの人々を魅了する日本酒の魅力的な世界を紐解いてゆくー。

●開催日:7月21日(土)
●開催場所:シネマカフェバー・モンキーランド
多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
詳細地図 http://www.taenoha.com/monkmap.html
●スケジュール 開場15分前
17:00- 『カンパイ! 世界が恋する日本酒』(95分)
18:40-  「南部美人」五代目蔵元・久慈浩介氏 懇親会 (予定)
●入場料¥3,800 (定員20名)
      映画、料理、1ドリンク【南部美人】

上映会の詳細、ご予約はコチラ http://www.taenoha.com/
または 050-5891-1977(たえのは事務局)

http://www.taenoha.com/monky/kanpai.html

 

【3/5】岡村淳監督 初春上映会&トークライブ 「大アマゾンに渡った人々 ~先住民から日本人まで」

 投稿者:アジア太平洋資料センター(PARC)  投稿日:2018年 2月22日(木)13時10分33秒
返信・引用
  【ブラジル日本人移民110周年】
【3/5】岡村淳監督 初春上映会&トークライブ
「大アマゾンに渡った人々
   ~先住民から日本人まで」


移民船・笠戸丸がブラジルに到着してから110年目の
節目の初春、ブラジル在住の記録映像作家 岡村淳さんを
PARCへお呼びして上映会&トークライブを開催いたします。

大アマゾンの取材が契機で自らブラジル移民となった記録映像作家とともに
岡村作品を鑑賞し、古代遺跡を巡る冒険譚から アマゾンに入植した日本人の開拓家族まで大アマゾンへ渡った人々の物語を追う一晩です。
人が移動すること、移動しないこと、アマゾンで生きていくとは、熱く語り合いましょう!

※PARCでは9月に岡村監督を案内人に短期集中講座「記録映像作家と見る・歩く・出会う 移民を巡る旅 」 を開催いたします。
こちらもぜひご参加ください!
webサイト:comingsoon!!! ************************************************************

■日 時:2018年3月5日(月)19:00~21:00(開場18:30)

■参加費:カンパ制

■会 場:PARC自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
アクセス情報などはコチラ
http://parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

■お申し込み

コチラの申し込みフォーム http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html
からお申込みいただくかPARC事務局までメール・電話などでお申込みください。

■岡村淳さんプロフィール:

東京都目黒区出身。ブラジル・サンパウロ在住。 早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。考古学・民俗学・人類学などから、現代日本文化に潜む縄文文化の痕跡を研究。日本映像記録センター(映像記録)入社。
牛山純一代表プロデュ―サーにテレビ・ドキュメンタリーの作法を叩き込まれる。
1987年よりブラジルに移住し、1997年より自主制作によるドキュメンタリーづくりを始める。
ブラジルの日本人移民、そして社会・環境問題をテーマとした作品の制作を継続中。
作品のDVD化やレンタルをせずに、上映には制作責任者である岡村の立会いを原則とする「ライブ上映会」を行なっている。
「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、
日本とブラジルをはじめ、世界各地でライブ上映会を実施している。

主著:『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』港の人 2013
WEBサイト:岡村淳のオフレコ日記http://www.100nen.com.br/ja/okajun/
ツイッター名は、junbrasil

********************************************
◆主催・問合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL:03-5209-3455
E-mail:office@parc-jp.org
********************************************

http://www.parc-jp.org/freeschool/event/180305.html

 

『終の住処を奪われて 福島原発東京訴訟』 国分寺上映会

 投稿者:国分寺ギー 三輪  投稿日:2018年 1月25日(木)23時11分39秒
返信・引用
  福島原発事故から間もなく7年となります。全国約30ヶ所で、国と東京電力の過失責任を問い、損害賠償を求める裁判が行われている中、昨年3月前橋、9月千葉、10月福島と原告勝訴の判決に引き続き、今年3月の京都、東京、いわきでの裁判でもぜひこの流れで勝訴を!と願わずにはいられません。
福島原発被害東京訴訟は3月16日に判決を迎えますが、それを前にした3.11上映会です。
上映会を通して、より多くの人たちと関心を高めていきたいと思います。

.......................................

ドキュメンタリー『終の住処を奪われて 福島原発東京訴訟』上映会
 ※作品内容については「VIDEO ACT!」記事にあるので省略します。

日時 2018.3.11(日)14:00(30分前開場、17:00終了予定)
料金 1000円+ドリンクオーダー
会場 東京都国分寺市本町2-3-9 三幸ビルB1 「国分寺ギー(giee)」 http://giee.jp/
      042-326-0770
上映会内容:
【1】アコペリ・ミニライブ<おちょこ(vo,g) ゆきを(g) 清水(per)(EX 国分寺エクスペリエンス)>
【2】上映
【3】みんなでワイワイおしゃべりタイム<ゲスト:片山かおる(小金井市議/福島原発告訴団/原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議連/福島原発震災情報センター/避難の協同センター 他)



http://giee.jp/

 

2018 EARTH VISION多摩 映画会

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2018年 1月15日(月)22時19分54秒
返信・引用
  アースビジョン多摩は、映像を通して地球環境について考える映画会です。
14回目の2018年は、-自然との共生-をテーマとした作品『残されし大地』
『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』『原発の町を追われて3・双葉町・ある牛飼いの記録』『Phantom オブ Paradise』を上映します。
「原発の町を追われて」上映後は、堀切さとみ監督+鵜沼久江さんトークも。
■開催: 2018年2月24日(土曜日)13:00~19:00
■会場: パルテノン多摩小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車)
■ 前売券 一般 ¥1,000
   当日券 一般 ¥1,500
   小・中学生 ¥100(前売・当日共通)
 全席自由、入れ替えなし、全日1枚のチケットで出入り自由。
■上映作品:
『残されし大地』
…初監督作品にして遺作となった、生命の映像詩。FUKUSHIMAの“人と土地のつながり”
『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』
…沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。
『Phantom オブ Paradise』
…都心ではすっかり見られなくなってしまった生き物たち。
『原発の町を追われて3・双葉町・ある牛飼いの記録』
…ふるさとを追われて6年。原発と共に暮らしてきた双葉町の人たちは、今なにを 思うのか。
■ 「原発の町を追われて」上映後、堀切さとみ監督+鵜沼久江さんトーク
■上映作品の詳細、前売券予約申込は
  ホームページ:http://taenoha.com/ev

主催:     EARTH VISION多摩実行委員会
共催:     たえのは
後援:     多摩市教育委員会
提携:     公益財団法人 多摩市文化振興財団(パルテノン多摩)

http://taenoha.com/ev

 

映画と話そう@TAMA「破片のきらめき」

 投稿者:〈たえのは〉  投稿日:2017年11月 1日(水)16時49分41秒
返信・引用
  15回目の「映画と話そう@TAMA」は、
ドキュメンタリー『破片のきらめき~心の杖として鏡として~』(2008)
に登場する画家の故石原峯明さんに焦点を当てた特別編(2017)を上映。
また高橋愼二監督を迎え、懇親会を行います。

『破片のきらめき~心の杖として鏡として~特別編』(2017/95分)
フランス・ヴズール国際アジア映画祭・観客賞/ドキュメンタリー最優秀作品賞受賞

心の病を抱える人々の創作活動を見つめたドキュメンタリー。八王子にある平川病院精神科の中にある造形教室には、様々な心の病を患う人々がやってきては創作に励んでいる。絵画、詩の朗読、ギターなど彼らの表現する作品群、10年以上の交流を経てその魅力に迫る。

画家の故石原峯明さんは、統合失調症により30代から入退院を繰り返した。造形教室で絵を描くことが生きる希望となり、2011年8月に75歳で亡くなるまで多くの作品を残した。映画は石原さんが絵を描き続ける姿に迫り、生きることの意味を問い掛ける。

 ドキュメンタリー映画「柳川掘割物語」(高畑勲監督、宮崎駿製作、1987年)で撮影を担当した高橋慎二監督作品。吉行和子がナレーションを務める。

●開催日:12月2日(土)
●開催場所:ダイニングバー・モンキーランド
多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
詳細地図 http://www.taenoha.com/monkmap.html
●スケジュール 開場15分前
15:00- 『破片のきらめき~心の杖として鏡として~特別編』(95分)
17:00-  高橋愼二監督 懇親会 (1時間予定)
●入場料¥1,000(定員20名)
懇親会¥2,000(1ドリンク軽食付き)

上映会の詳細、ご予約はコチラ http://www.taenoha.com/
または 050-5891-1977(たえのは事務局)

http://taenoha.com

 

レンタル掲示板
/29